<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

平和公園鳥類生息調査&県定点 2017年12月

JUGEMテーマ:地域/ローカル



更新をサボっている間に年が変わってしまいましたが、12月の平和公園の調査、10日に県の調査、1週間遅れて第3日曜の17日に定例のセンサスを実施しました。

10日の県の調査。小学校の裏を抜けてハローワークの裏手にある小公園を墓地の方に向けて通り過ぎようとした辺りで、頭上をオオタカ1羽がサーッと通過。一瞬の出来事でカメラを向ける暇もありませんでしたが、低い位置でお腹の模様もしっかりと確認でき、なかなかの迫力でした。

ただ、そこだけが唯一の見せ場。全般に冬鳥も淋しく、時期を考えるとイマイチ物足りない調査結果に終わってしまいました。

鳥の方は淋しかったですが、”献体の塔”近くのプラタナスの並木の紅葉は見応えがありました。

プラタナスの紅葉17年12月10日


例年、この時期は、この実を目当てにたくさんのキジバトが集まってきたり、カワラヒワの集団が実をつついていたりするんですが、この日はどちらも姿がなかったので、ちょいと実の熟すのが遅い目だったのかもしれません。

県の調査の結果は下記の通り。

ヒドリガモ、マガモ、オナガガモ、カイツブリ、キジバト、アオサギ、コサギ、オオバン、オオタカ、コゲラ、アカゲラ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、シロハラ、ツグミ、ハクセキレイ、アオジ、ドバト
もうひとつの第3日曜のセンサスの方。

お天気は良かったのですが、めっちゃ寒くて、おまけに途中からお日様が雲に隠れて日差しが遮られてしまい、それに合わせるように鳥達の動きもパタッと止まってしまって、毎年種数も個体数も多い先月も天候の巡り合わせでイマイチだっただけに、こちらの気分も一気に急降下。

ただ、今回は、直に日差しが戻り、それに連れて、ヤマガラを皮切りに、メジロ、シジュウカラにエナガやヒガラまで混じる群れが現れてくれて、一気に気分も上昇。鳥達もたいがいですが、当方も、かなり現金な性格ですなw。

ユーカリ林の脇のモミジバフウ周辺に群がるカワラヒワの群れも、ようやくこの日ゲットしました。

カワラヒワ17年12月17日


猫ヶ洞池の方では、すっかり干上がった水際で一心に餌を探すイカルチドリの姿が。何もヨシの生育期はとうに終わったこんな時期に、ここまで水位を下げなくてもいいんですが(溜息)。

センサスの方の調査結果は、HP「出会った鳥達」の方にてご確認を。


続きを読む >>
census * 名古屋市平和公園フォト * 22:28 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

平和公園鳥類生息調査&県定点 2017年11月

JUGEMテーマ:地域/ローカル



11月の平和公園の調査、12日に県の調査、1週間遅れて第3日曜の19日に定例のセンサスを行いました。

毎年、月々の調査結果で、よほどの悪天候でもない限り、種数も個体数も一番多い11月ですが、今年は冬鳥達の出足が悪く、残念ながらどちらの調査も、イマイチの調査結果に終わりました。

19日のセンサスの際は、途中でお日様が雲に隠れ、調査の終わった帰り道では、小雨がパラつくようなお天気だったので、その天候の影響もあるかもですが、留鳥に分類される鳥達も、ムクドリ、カワラヒワ、キジバト等、カウントから漏れてしまった鳥達もいたり、全体に数がイマイチなので、春からの天候不順で繁殖が不調だったとかが影響しているのでなければいいのですが。

そんな中、猫ヶ洞池を久し振りにカンムリカイツブリが訪れ、調査を行った両日とも記録に残せたのは、良かったです。救いの神と言っても過言ではないかもw。

なかなか岸に近づいてはくれないので、ほんの証拠写真ですが。

カンムリカイツブリ17年11月12日


カモの類いも、顔ぶれは揃っては来たものの、数はまだまだって感じでした。

気象庁の長期予報では、「寒い冬になる」って話なので、今後冷え込みが強まって、もう少し冬鳥達の数が増えて来てくれると、冬鳥シーズンらしくなるのですが。

県の調査の結果は下記の通り。

ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、コガモ、ホシハジロ、カイツブリ、ハジロカイツブリ、カワウ、アオサギ、オオバン、イカルチドリ、コゲラ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、ジョウビタキ、スズメ、ハクセキレイ、ホオジロ、アオジ、ドバト

センサスの方の調査結果は、HP「出会った鳥達」の方にてご確認を。

続きを読む >>
census * 名古屋市平和公園フォト * 16:08 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

平和公園鳥類生息調査&県定点 2017年10月

JUGEMテーマ:地域/ローカル



9月の平和公園の調査、15日に第3日曜のセンサス、3日後の18日に県の調査を行いました。

15日のセンサス。9月は、台風と秋雨前線の挟み撃ちにあいながら、うまく間をすり抜けて、さほどの雨も降らずに「ラッキー!!」って感じだったんですが、今月はドンピシャの本降りに見舞われてしまいまして、この秋の渡りの時期に、2か月続けてなんやねん(怒)って結果に。

ただ、幸いヒヨドリがそこそこ戻ってきてくれたので、さほど悲惨な感じは味わわずに済みまして、今度ばかりは、ヒヨドリさまさまw。エナガ、シジュウカラ、メジロ等もそこそこ姿を見せてくれたし、アカゲラ、カケスの声も聞こえたり、猫ヶ洞池の方では、キンクロハジロ1羽だけでしたが、一応、冬ガモも記録出来て、終わってみれば、まずまずの結果となりました(農地コースの方は、ちょい淋しかったようですが)。

特に、いつもは高い枝に止まっているのを下から見上げる感じのサメビタキが、意外に低い位置をウロチョロして、しっかり姿を確認できたのは、正に雨のご利益で、これだから、鳥見だけは、歩いてみないと分かりません。

センサスの方の調査結果は、HP「出会った鳥達」の方にてご確認を。

むしろ、お天気の良かった18日の方が、イマイチ感が強かったですな。当日は晴れていたものの、前日までが雨続きで、この日も夜からお天気が崩れるって状況だったので、まあ、仕方ないかもなんですが、夏場も日照時間短かったし、何なんですかねえ、今年のお天気。

取り敢えず、18日の方も、鳥種だけ挙げておきます。

カルガモ、キジバト、カワウ、アオサギ、オオタカ、コゲラ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、メジロ、ムクドリ、スズメ、セグロセキレイ、ドバト

パッとしないお天気が続いていた割に水量がイマイチ増えてこず心配していたハンノキ湿地も、涼しくなって、ようやく水量が回復してきました。

ハンノキ湿地17年10月18日


一時期水量が減っていた猫ヶ洞池も、この日は水量満水

猫ヶ洞池17年10月18日



続きを読む >>
census * 名古屋市平和公園フォト * 19:16 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

平和公園鳥類生息調査&県定点 2017年9月-後編

JUGEMテーマ:地域/ローカル



前回アップした9月の調査の後編です。

前月までと異なり、かなり水量の少なくなった猫ヶ洞池。

猫ヶ洞池17年9月10日


ただ、いかんせん、ヨシの生育期のピークはとうに過ぎているので、どうしても「今頃こんなに水位を下げるぐらいなら、もうひと月、ふた月早めに下げて欲しかった。」と思っちゃいますねえ。

毎年ヨシ刈りを行っているおかげで、西側の奥の辺りは今年も勢いよくヨシが繁ってましたが、池の中心方向のヨシは下の写真のように、酸欠で根の持ち上がってしまった株がかえって増えてきている状況。

猫ヶ洞池ヨシ原17年9月10日


これでは、せっかくのヨシ刈りも、効果半減なので「今年こそ!!」って感じでいたんですが、仕方がないですねえ。早いうちに水位の下がった時期があれば、ヨシ植えも考えていたんですが。

直に越冬ガモ達がやって来るので、正直、これからは、もう少し水位が高い方が良かったりするんですが。

10日の県の調査の際は、まだ若鳥って感じのアオサギがヨシ原近くをウロチョロして餌を探していました。

アオサギ17年9月10日
続きを読む >>
census * 名古屋市平和公園フォト * 16:56 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

平和公園鳥類生息調査&県定点 2017年9月-前編

JUGEMテーマ:地域/ローカル



9月の平和公園の調査、10日に県の調査、17日に第3日曜のセンサスを行いましたが、県の調査の方は、秋らしい涼しい日々から一転、真夏に逆戻りしたかのような暑い1日、センサスの方は、あわや台風直撃かってタイミングで、一変してバカに涼しい1日と、わずか1週間の違いで対照的なお天気に。

10日の調査は、直前何日かやけに涼しい日が続いていたのに、その日に限って、半袖で歩いていても、額に汗がにじんでくるほどの暑さ。

こういう日には、鳥達も、日陰となる繁みの奥をウロチョロするばかりで、目に留まりやすい場所にはなかなか出て来てくれず、メジロやシジュウカラ辺りの声が近くで聞こえるものの、繁みから繁みへと移動する影は見えるものの、もうひとつしっかり確認できず、さして見せ場のないまま終わっちゃいました。

成果らしいものと言ったら、桜の園で、コサメビタキを2羽見つけたのと、猫ヶ洞池でゴイサギの幼鳥(いわゆるホシゴイと呼ばれるやつ)が見られた程度。

コサメビタキの内の1羽は、桜の園の池の周囲でツッピー!ジュクジュクと飛び回ってたシジュウカラの群れを見に行って割に近くに止まっているのを見つけ、双眼鏡をカメラに持ち替えている時、公園内を自転車で走り回っていたらしい5歳くらいの女の子が、野鳥観察中と気づいたようで、突然自転車から降りてこちらに突進して来たものだから、それに驚いて飛び立ってしまい、写真には撮れず仕舞い。写真を撮り損なったのは残念だけど、その後シジュウカラの群れが移動していくまで、その女の子、私のすぐ隣で、鳥達を食い入るように見つめ、鳥達が飛び去った後、元気よく「バイバイ!」と手を振って、自転車で走り去っていきましたから、将来の鳥好きが育つきっかけに多少でも貢献したと思えば、それぐらい我慢しないとねえ(笑)。

ちなみに、シジュウカラの方は被写体になってくれて、自宅に戻ってPCで見たところ、どうも今年生まれのお若い子っぽい感じでした。

シジュウカラ17年9月10日


取り敢えず、一通り、当日観察できた鳥達を種名だけ上げておくと

カルガモ、キジバト、カワウ、ゴイサギ、コサギ、コゲラ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ、メジロ、コサメビタキ、スズメ

の、15種でした。

続きを読む >>
census * 名古屋市平和公園フォト * 16:00 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark
このページの先頭へ