<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< クマの出没、激減 | main | 平和公園(名古屋市)鳥類生息調査08年2月 >>

平和公園(名古屋市)鳥類生息調査08年1月

1月の調査は、昨日、20日に行いました。

先週辺り、関西の某球団のユニフォームを思わせるような縦じまの天気図が続き、内心「今週辺りちょうど寒さの緩む頃に当たるのでは」という淡い期待を抱いていたんですが、見事に期待は裏切られて、「もっと寒波」状態の寒い一日に。おまけに陽射しのない薄曇のお天気で一歩間違うと白いものが空から降りてきても不思議ではないような空模様。

「出かけるのが億劫になるようなお天気の日は、鳥見の成果も芳しくない」という「鳥見の法則」に当てはめると、最悪に近い条件だったのですが、たまたま、この日は、平和公園地域の「ユスリカ食べ放題セール」期間に当たっていたようで、森のあちこちで羽化したユスリカの類が固まって飛んでおり、それに惹かれたメジロ達があちこちで集団フライキャッチを演じ、つられてシジュウカラ、エナガなども姿を現す、といった感じで、お天気の割にはそれほど淋しさを感じることなく調査を終えることができました。

森コース、旧農地コース、それぞれ均等にワシタカ類が姿を見せてくれたり、20年ぶりぐらいの記録となるコガモの200羽超えがカウントできたりで、自宅を出る際の重苦しい(単に寒がりなだけですが)気分からすれば、上々の結果かと。

これで、Hさん期待のキクイタダキでも姿を見せてくれれば最高の結果だったんですが。
ハンノキ湿地は、多少でもよくなるどころか、ますます干からびた感じ。どうも、今年は、春までこの状態が続きそう。水辺を住処にしている生き物達は生き延びられるかどうか厳しい状態が続きそうです。

ハンノキ湿地08年1月20日

森のあちこちでユスリカに挑むフライキャッチャーの中には、メジロに混じって、時折ヒヨドリの姿も。日頃それほど敏捷には見えないヒヨドリですが、けっこう器用に空中で向きを変えて獲物をゲットしているのには、ちょっと感心しますネエ。

ただ、あれだけ身体の小さいユスリカを口にしてどれほどのカロリーが得られるのかは、ちょっと気になります。飛ぶ際に身体が重くならないように腸の短い鳥達は、木の実を食べても、せいぜい2〜3割が吸収されるだけらしいので、それを思えば、消化はよさそうなので採算があうのでしょうか。この辺りは栄養士の方に伺ってみたいものです。(ヒヨドリの食生活までカバーしてみえる栄養士さんがいれば、の話ですが)

カラカラの湿地に比べて、猫ヶ洞池の方は、秋の頃より多少水量が増えているようでした。

猫ヶ洞池08年1月20日

池面はざっと見渡しただけでもかなりの数のカモの姿が。たまたまカミさん連れで訪れた先週より、ぐっと数が増えているようです。寒波が続いたここ数日で、北から移動してきたのかもしれません。

池の中央に浮かんでいる個体を数えていたときは、コガモ、オナガガモおおよそ半々ぐらいの感じだったのですが、池の端やアシの根元に休んでいるものなど順に見ていくと、初めに採り上げたように、コガモの方は200羽を超える数に。もともと、世話人が平和公園の鳥達を見始めた20ン年前なら、池全体に広がるようにカモが浮かんでいたので、この程度は驚くような数でもなかったのですが、その後ルアーフィッシングの増加などに伴ってだんだん飛来する数が減ってしまい、これだけの数をここで観察するのは久しくなかったことです。

こちらは、池の中央に並んで泳ぐオナガガモ。

オナガガモ08年1月20日

コガモはこのようにアシの根元で寛いでいる姿が目立ちました。

コガモ08年1月20日

池の中央を泳いでいたコガモは、時折ディスプレイに移行しそうな雰囲気で輪になって泳ぐ姿も。

カウントが終わった後で、突然現れたオオタカがアシ原に隠れていたカモ達も引っ張り出してくれて、調査を切り上げる際には池面いっぱいに広がった姿を見ることができ、この日の調査のフィナーレといった趣でした。

こちらは、車に戻る途中で見つけたヒメタニシ。

ヒメタニシ08年1月20日

もちろん、残っていたのは殻だけで、中の本体はどなたかのおなかの中に納まった後でした。気を利かせて、目立つ場所に殻だけでも残しておいてくれたのか、単に世話人と同じで後片付けが苦手なだけなのか、その辺りは分かりません。



名古屋市平和公園鳥類生息調査、世話人より
census * 名古屋市平和公園フォト * 17:10 * comments(2) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

タイミングは難しいですネエ。私も鳥を見出した頃、なかなかコジュケイを見ることができずに、何度も悔しい思いをしました。今ほど少なくなかったし、一度出会うとなんでもなく観察できるようになったんですが。けっこう、こういうのって、みんないろいろ持っているようです。
Comment by 世話人 @ 2008/01/25 6:16 PM
キクイタが出てくれていたら言うことは無いのですが、それは贅沢と言うもので、もっと努力しなさいと言うことでせうね。うちのベランダのみかんも必ず見ていない時に食べられています。今年はタイミングが悪い巡りあわせのようです。
Comment by Hiko @ 2008/01/24 10:05 AM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ