<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 平和公園(名古屋市)鳥類生息調査07年10月 | main | 「今や、農業問題は環境問題だっ!」というお話 >>

平和公園(名古屋市)鳥類生息調査07年10月の続き

先日に引き続いて、1月21日の調査の様子です。

季節感が薄くなって「実りの秋」なんて言葉も死語に近いですが、樹林を歩くとこの時期はまさに実りの秋といった感じで、足元には踏んで歩くのも気が引けるほどドングリの実が一杯落ちています。

下の写真で、小ぶりで細長いのがコナラ、ズングリ体形で今流行?のメタボ系のはおそらくアベマキ。クヌギのドングリはアベマキとそっくりですが、アベマキは葉の裏に毛があり色が白っぽいので、葉まで確かめられれば見分けることができます。

ドングリ07年10月25日

先月の調査のときは、まだ青々としていたコナラは、写真のようにすっかりいい塩梅に色づいていました。

ハンノキ湿地の周囲を回って市民の森の出口に向かう坂の途中では、世話人の足元で突然ボトンと音がしてビックリ。たまたま枝が風に揺れたところで、コナラのドングリが落ちてきたようです。直撃を喰らってもさほどだいそれたことにはならないと思いますが、今の時期林の中を歩くときには注意するに越したことはないかも。もっとも、「落石注意」の看板と同じで、「どう注意すりゃいいんだ」というのは問題ではありますが。

猫ヶ洞池は、まだ秋の風情と言うにはちょっと早い様子。水面ぽつんと白く見えるのは、この池には珍しいダイサギ。

猫ヶ洞池07年10月21日

この日はハンノキ湿地と同じく、猫ヶ洞池も取水口の周囲が干上がっていました。

干上がった猫ヶ洞池07年10月21日

もっとも、Iさんのお話では「地下で繋がっている新池が掻い掘り(かいぼり)の準備で水位を下げているので、その影響かもしれない」ということでしたので、一概に雨の少ないせいは言えないかもしれません。

鹿の子公園に突き当たる池コース終点の辺りは、恒例のミゾソバが密生してキレイに花が咲いていました。

ミゾソバ07年10月21日

一面この花に覆われるとけっこう壮観です。

最後は、鹿の子公園側との間にかかる木の橋の上で日向ぼっこ中のマユタテアカネ。

マユタテアカネ07年10月21日

鼻?先に二つ並んだ黒い点を眉に見立てて付けられた名前のようです。アカトンボは種類が多くて、世話人などは細かい識別は完全にお手上げ状態ですが、この日は先ほども登場したIさんのおかげで頭を悩ますことなくブログに登場してもらえました。もっとも、来シーズンまでちゃんと覚えているかどうかが問題ですが。

前回登場の右羽を骨折したハシボソガラスですが、掲示板で「aqua」さんが続報を知らせてくれました。骨折した羽はちぎれてしまったようですが、まだ無事生き延びてくれているようです。幸いドングリなど秋の実りが豊富なのでしばらく餌には困らないと思いますが、少しでも長く頑張って欲しいな。

我が家の裏山(自分ちの敷地でもないのに勝手にこう呼んでいますが)には、ジョウビタキ、ウグイスに続いてシロハラ、アオジなど冬鳥の面々が順に出揃い、秋の雰囲気が漂ってきました。昨年はたいして寒くならないまま冬が終わってしまい、「水温が下がらなかった影響で湖水の対流が充分でなく、琵琶湖が酸欠」というようなニュースも出ていますが、今年の冬はどんな感じになるのかな。

寒いのは苦手な世話人ではありますが、やはり冬は冬らしくならないと生き物達には生きづらいようです。冬が暖かくなるのを心配するっていうのは、やはりこれ異常事態ですよネエ。


名古屋市平和公園鳥類生息調査、世話人より
census * 名古屋市平和公園フォト * 17:23 * comments(2) * trackbacks(1) * pookmark

コメント

蔵王山までドングリ拾いですか。さすが豪勢ですネエ。ドングリに限らず、平和公園では全体に実付きはいいようです。餌は豊富そうなので色々きてくれると嬉しいけど。もっとも、我が家のマユミはさっぱりだけど。
Comment by 世話人 @ 2007/11/01 9:42 AM
平和公園でもドングリは今年は豊作だったんですね。(^^)
コナラが落ちてくるのもびっくりですが、これがアベマキだとちょっと怖いかもですね。
近所でも、田原の蔵王山でもコナラは大豊作です。
息子と日曜日はドングリ拾いに蔵王山まででかけていきました。
ミゾソバは近所の池でも沢山咲いています。綺麗ですよね。
Comment by ウリカエデ @ 2007/10/31 11:08 PM
コメントする









トラックバック

金曜日は危険が一杯

職種にもよるでしょうが、自営で在宅の仕事というとたいていはコンビニ営業、いわゆる「年中無休、24時間営業」というパターンになりがちなようです。特に、うちみたいに仕事の連絡は
From UncleKのSOHO的生活 @ 2007/11/02 6:21 PM
このページの先頭へ