<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 平和公園鳥類生息調査&県定点 2018年5月 | main | 平和公園鳥類生息調査&県定点 2018年9月 >>

平和公園鳥類生息調査&県定点 2018年8月

JUGEMテーマ:地域/ローカル



いいかげん9月の調査に取り掛からなければいけない時期ですが、遅ればせながら、8月の調査のご報告を。

8月の調査は、19日に第3日曜日のセンサス(平和公園鳥類調査)を、25日に県の調査を行いました。

今年の夏は、7月半ばから1ヶ月以上熱帯夜が続き、最高気温39℃、40℃なんて日が何日も続くなど記録的な暑さ。19日のセンサスは、たまたま、雷雨等で久し振りに雨が降ったりした後で、朝の集合時間こそ、「久し振りに涼しいね」とかって会話を交わしたんですが、その後青空が広がり、調査の途中からはかなりの暑さに。

25日の県の調査の方は、強烈な台風が通過、その後も不安定なお天気の続く中、ぽっかり空いたまずまずのお天気の日で、少しはいいかと思ったんですが、こちらの方も結局はかなりの暑さ。9月に入った現在も、明け方こそけっこう涼しいものの、日中は未だけっこう暑く、正に、温暖化極まれりという感じの夏でしたな。

そんなわけで、当然、調査の結果も、両日共に、種数、個体数、どちらもいささか淋しい結果に終わってしまったのですが、センサスの方では、繁殖を終え、南に帰る途中のエゾムシクイと遭遇、県の調査の方では、かなり怪しげな雲行きだったにも拘わらず、上空割と低い高さで旋回する、ノスリとハチクマが続けて登場してくれるなど、悪運強く、それなりの見どころがあって、酷暑の中、はあはあ言いながら回っただけの事はありました。
第3日曜日のセンサスの記録の方は、HP「出会った鳥達」の方にてご確認を。

県の調査の方の記録は、下記の通り。

カルガモ、キジバト、ハチクマ、ノスリ、カワセミ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ、メジロ、ムクドリ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ


梅雨もイマイチ空梅雨っぽかった上に、1ヵ月以上に渡る酷暑の間中ほとんど雨が降らず、かなり心配したハンノキ湿地。下は、25日の県の調査の時の写真ですが、案の定、台風直後の割にかなり水量少な目。

ハンノキ湿地18年8月25日

そんなに頻繁には回れてないので、1〜2度は干上がった時があったかも。

ハンノキ湿地は、そんな感じだったのに、こちら猫ヶ洞池の方は、相変わらず、さして水位が下がらず、今年もドップリ水に浸かった状態が続いたためか、19日のセンサスの時既に、黄色く色の変わった株が目立つ有様で、マジ、溜息が出ましたな。

猫ヶ洞池18年8月19日

その猫ヶ洞池の傍で見つけたこの花。

名前知らず18年8月19日

せっかく植物に詳しい方に名前を教えて頂いたんですが、更新さぼっている間に忘れてしまい、今回も、調査用紙の余白にメモっておいてもらえばよかったと後悔(ま、毎度の事ですがw)。

いつもの場所で今年も花開いたタカサゴユリ。

タカサゴユリ18年8月19日

花は愛らしいものの外来種で、自宅周りではじわじわと勢力を広げ、場所によってはかなり繁茂してるところもあるのですが、幸い、平和公園内では、なくなりもしない代わりにあまり増えもせずって感じ。流石の猛暑で、どこも今年はやや元気がなかった感じ。

同じくイマイチ出遭う機会が少なかったスズメバチですが、ちょっと雨が降ったからか、センサスの際には、ちょっとヤバい雰囲気での遭遇でしたな。

スズメバチ18年8月19日

逆に、早くから終始元気が良かったのがアブラゼミ。センサスの際に出遭ったこやつは、かなりくたびれた感じではあったんですが。

アブラゼミ18年8月19日

同じく(というか、アブラゼミ以上に)、元気が良かったクマゼミですが、この日は飛んだ悲劇の姿で登場。

カマキリに捕まったクマゼミ18年8月19日

やけに騒がしいので、覗いたら、ちょうどカマキリに捕まって、最後の抵抗中でした。かわいそうですが、自然の摂理なのでこれはしょうがないですな。

25日の県の調査では、強烈な台風の通過直後だったので、このダイオウショウの枝のように吹き飛ばされた枝があちこちに。

風で吹き飛んだダイオウショウ18年8月25日

まあ、台風の最中に外歩いたりはしないけど、いきなり後ろからこんなん飛んで来たらもたんですなあ。いちころかも。

カイツブリが姿消しちゃって、水が深過ぎてアオサギ等もあまり姿を現さないんで、ほとんど水鳥の姿を見ない猫ヶ洞池ですが、カルガモは毎度姿を見せてくれて嬉しいですわ。
写真には1羽ですが、近くには親子なのか、もう1羽が。

カルガモ18年8月25日

そして、青息吐息でようやくゴール間近までたどり着いた県の調査の最後を締めてくれたのがこの子。

カワセミ18年8月25日

かなりお若い感じだったので、近くの巣から巣立ち間もないカワセミですかねえ。


名古屋市平和公園鳥類生息調査、世話人より

※ツイッターアカウント @dorasuky
census * 名古屋市平和公園フォト * 15:50 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ