<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 平和公園鳥類生息調査&県定点 2017年10月 | main | 平和公園鳥類生息調査&県定点 2017年12月 >>

平和公園鳥類生息調査&県定点 2017年11月

JUGEMテーマ:地域/ローカル



11月の平和公園の調査、12日に県の調査、1週間遅れて第3日曜の19日に定例のセンサスを行いました。

毎年、月々の調査結果で、よほどの悪天候でもない限り、種数も個体数も一番多い11月ですが、今年は冬鳥達の出足が悪く、残念ながらどちらの調査も、イマイチの調査結果に終わりました。

19日のセンサスの際は、途中でお日様が雲に隠れ、調査の終わった帰り道では、小雨がパラつくようなお天気だったので、その天候の影響もあるかもですが、留鳥に分類される鳥達も、ムクドリ、カワラヒワ、キジバト等、カウントから漏れてしまった鳥達もいたり、全体に数がイマイチなので、春からの天候不順で繁殖が不調だったとかが影響しているのでなければいいのですが。

そんな中、猫ヶ洞池を久し振りにカンムリカイツブリが訪れ、調査を行った両日とも記録に残せたのは、良かったです。救いの神と言っても過言ではないかもw。

なかなか岸に近づいてはくれないので、ほんの証拠写真ですが。

カンムリカイツブリ17年11月12日


カモの類いも、顔ぶれは揃っては来たものの、数はまだまだって感じでした。

気象庁の長期予報では、「寒い冬になる」って話なので、今後冷え込みが強まって、もう少し冬鳥達の数が増えて来てくれると、冬鳥シーズンらしくなるのですが。

県の調査の結果は下記の通り。

ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、コガモ、ホシハジロ、カイツブリ、ハジロカイツブリ、カワウ、アオサギ、オオバン、イカルチドリ、コゲラ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、ジョウビタキ、スズメ、ハクセキレイ、ホオジロ、アオジ、ドバト

センサスの方の調査結果は、HP「出会った鳥達」の方にてご確認を。

涼しくなったからか、ハンノキ湿地は、今のところまあまあの水量で落ち着いてます。

ハンノキ湿地17年11月12日


何か月か前から、湿地の奥にブルーシートで覆われた個所があるのが気になってたんですが、今回、謎が解けました。

何でも、新たに湧水の湧きだすところが出来たとかで、これ、周りのコナラ等が育ち過ぎた影響で水量の安定しないハンノキ湿地には朗報なのですが、この場所に湧水による水場が出来ると、自分達が水浴びに来た鳥達を写真に撮ろうと待ってる水場に来る鳥が減ってしまうという事で、鳥の写真目当てのカメラ屋さん達がブルーシートで覆ってしまったんだとか。

それだけでも酷い話ですが、今回、それでも足りず、湧水の染み出す箇所に盛り土をして、埋めてしまったとの話を聞いて、ほんと呆れました。

元々、希少な湿地性の動植物達の大事な生息場所の湿地を保全するために立ち入りが禁じられているエリアでのやりたい放題で、ほんと困ったものです。

今回の事ばかりではなく、前々から、周りの環境への影響を考えない振る舞いが続いてますから、やはり、辺り一帯の立ち入りを禁止するような措置をした方がいいのかも。真面目に昆虫等を観察して見える方達にも影響が出るので、そういう方達にはいい迷惑なんですが、ここまで行動がエスカレートしちゃうと、何らかの歯止めはかけないとねえ。

猫ヶ洞池の方は、このところ、山崎川への放水量を増やしているのか、水量少な目。

猫ヶ洞池17年11月12日


まだ、数は少ないですが、水面を泳ぐ他に、ヨシの根元で羽を休める姿も目立ちます。

休憩中の冬ガモ達17年11月12日


実のなる時期が遅かったムラサキシキブは、それがかえって幸いしたのか、綺麗に実が熟してきました。

ムラサキシキブ17年11月12日


同じく、実りの秋という事で、実の弾けたナンキンハゼには、カラスが餌をついばみに群がっていました。

ナンキンハゼに群がるハシブトガラス17年11月12日


根元の周りには、同じくカラスが実の付いた枝をへし折って落とした、いわゆる「カラスの枝落とし」の痕跡がパラパラと。

カラスの枝落とし17年11月12日


今回は確認できませんでしたが、クスノキ辺りでも、この「カラスの枝落とし」が見られますので、あなたのお近くでも、似たような例を見つけたら、ご一報を。

1ヶ月前のセンサスの際桜の木がぶっ倒れてるのを見つけたばかりですが、今月も、県の調査の際、桜の園のひょうたん池(今は、片側埋めて建てられてしまったので、既にひょうたん池ではありませんが)で柳の木が池の中にぶっ倒れているのを見つけました。

ひょうたん池の倒木17年11月12日


今回は、前のように通路を塞ぐわけじゃなし、「カワセミの止まり木にちょうどいいかも」ぐらいに考えていたんですが、ちょうど行き合わせた散歩途中のご婦人方もそれを見つけられ、口々に「せっかく綺麗な池だったのに。ちゃんとどける事ができるかしら」とか眉をひそめながらおっしゃってたんで、改めて、自分と一般人との感じ方の違いを知らされた気がして、笑いをこらえるのに苦労しました(当人は、自分も一般人だと思ってたりするんですがw)。

こちら、鳥の少ない時にも、横殴りの雨が降っている最中にも、毎度愛想を振りまいてくれるヤマガラ。

ヤマガラ17年11月12日


まあ、餌付けした御仁がいて、餌をねだりに来てるだけだと考えると、素直には喜べないところがあったりしますが。

最後は、この時期らしい紅葉で〆とさせて頂きます。

紅葉17年11月19日


寒くても、雪降ってもかまわないから、冬鳥、もっと来い!!


名古屋市平和公園鳥類生息調査、世話人より

※ツイッターアカウント @dorasuky
census * 名古屋市平和公園フォト * 16:08 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ