<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 平和公園鳥類生息調査 2017年8月 | main | 平和公園鳥類生息調査&県定点 2017年9月-後編 >>

平和公園鳥類生息調査&県定点 2017年9月-前編

JUGEMテーマ:地域/ローカル



9月の平和公園の調査、10日に県の調査、17日に第3日曜のセンサスを行いましたが、県の調査の方は、秋らしい涼しい日々から一転、真夏に逆戻りしたかのような暑い1日、センサスの方は、あわや台風直撃かってタイミングで、一変してバカに涼しい1日と、わずか1週間の違いで対照的なお天気に。

10日の調査は、直前何日かやけに涼しい日が続いていたのに、その日に限って、半袖で歩いていても、額に汗がにじんでくるほどの暑さ。

こういう日には、鳥達も、日陰となる繁みの奥をウロチョロするばかりで、目に留まりやすい場所にはなかなか出て来てくれず、メジロやシジュウカラ辺りの声が近くで聞こえるものの、繁みから繁みへと移動する影は見えるものの、もうひとつしっかり確認できず、さして見せ場のないまま終わっちゃいました。

成果らしいものと言ったら、桜の園で、コサメビタキを2羽見つけたのと、猫ヶ洞池でゴイサギの幼鳥(いわゆるホシゴイと呼ばれるやつ)が見られた程度。

コサメビタキの内の1羽は、桜の園の池の周囲でツッピー!ジュクジュクと飛び回ってたシジュウカラの群れを見に行って割に近くに止まっているのを見つけ、双眼鏡をカメラに持ち替えている時、公園内を自転車で走り回っていたらしい5歳くらいの女の子が、野鳥観察中と気づいたようで、突然自転車から降りてこちらに突進して来たものだから、それに驚いて飛び立ってしまい、写真には撮れず仕舞い。写真を撮り損なったのは残念だけど、その後シジュウカラの群れが移動していくまで、その女の子、私のすぐ隣で、鳥達を食い入るように見つめ、鳥達が飛び去った後、元気よく「バイバイ!」と手を振って、自転車で走り去っていきましたから、将来の鳥好きが育つきっかけに多少でも貢献したと思えば、それぐらい我慢しないとねえ(笑)。

ちなみに、シジュウカラの方は被写体になってくれて、自宅に戻ってPCで見たところ、どうも今年生まれのお若い子っぽい感じでした。

シジュウカラ17年9月10日


取り敢えず、一通り、当日観察できた鳥達を種名だけ上げておくと

カルガモ、キジバト、カワウ、ゴイサギ、コサギ、コゲラ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ、メジロ、コサメビタキ、スズメ

の、15種でした。

17日のセンサスの方は、秋雨前線と台風双方の雨雲の狭間にかろうじて納まり、雨こそ時折パラパラ降る程度で済んだものの、前週の夏の陽気からは一変、超涼しいお天気に。

こんなお天気の時は、だいたい鳥の方もショボい事が多いのですが、前日が一日中ザザ降りのお天気でお腹が空いていたのか、イマイチのお天気もお構いなしに、エナガ、シジュウカラ、メジロ等が、入れ代わり立ち代わり姿を見せてくれて、これから台風が近づいてくるなんて時は、たいてい姿を見せない渡りの鳥達も、コサメビタキ、サンショウクイ、キビタキ等を観察する事ができました。

ま、回って見ないと分からないのは、鳥の調査の常ですが、取り敢えず、今回はいい方に転がってくれて良かった。

調査結果の詳細の方は、HP「出会った鳥達」の方にてご確認を。


鳥見の方は上々の結果だったんですが、逆に心配だったのは、ハンノキ湿地の方。

ハンノキ湿地17年9月17日


前日、かなりの量の雨が降った17日も、依然、水量は少ないまま。

湧水のかげんで、しばらく時間が経過した後、水量が増えるというのもよくあるパターンで、この日の夜には台風が通過、かなりの雨を降らせたはずなんですが、それにしても、湿地性の希少種が色々生息する希少な水辺だけに、そうそう年に何度も渇水状態に陥るようでは何とも心もとないのでねえ。いいかげん、市の方も、根本的な対策をとって欲しいんですが。

この日いつものキラニン通りの登り口で、農地コースと二手に分かれた直後、後ろから呼び戻されて行ってみると、樹上から糸を引いて降りてきた正体不明の幼虫、1匹。

頭上から下りてきた何者かの幼虫17年9月17日


移動のために降りてきたんだと思いますが、ポトリと地面に落ちてひっくり返ってたので、ちゃんと目的地にたどり着く前に、鳥の餌にでもなってしまわなければいいのですが(野鳥の会的には、鳥の餌になってくれるのも、歓迎と言えば歓迎なんだけど(笑))。

こちらは、雨の日の定番、カタツムリ(おそらく、容易く自分などの目に触れるのは、イセノナミマイマイかと)。

イセノナミマイマイ17年9月17日


これは、ようやくちゃんと実の弾けたゴンズイ。

ゴンズイ17年9月10日


理由は定かでないものの、近年、ちゃんと実が熟す前に食べられてしまう事が増えて、これも、黒い実は残り僅かって感じ。けっこう、弾けて黒い中身が姿を現したゴンズイの実、お気に入りなんで、あまり慌てて食べんといて欲しいんだけど、それって我が儘??

取り敢えず、ここまでで、猫ヶ洞池等の様子は、後編の方で。


名古屋市平和公園鳥類生息調査、世話人より

※ツイッターアカウント @dorasuky
census * 名古屋市平和公園フォト * 16:00 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ