<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 17年4月20日県の調査にて | main | 5月27日続猫ヶ洞池ヨシ原再生活動 参加者募集 >>

5月16日県の調査で平和公園へ

JUGEMテーマ:地域/ローカル



5月16日は、県の調査で平和公園を一回り。

この時期の鳥達は日替わりメニューなのではっきりとは言えませんが、この日を見る限り、春の渡りは終わっちゃった感じ。ツバメ以外の夏鳥は、キビタキが何箇所かで囀っていた程度。この日は、私ひとりだからいいんだけど、早くも、21日のセンサスが心配。渡りの鳥じゃなくても、エナガの巣立ちビナの群れとか子連れのシジュウカラとか、何かかんか出てくれるといいんだけど。

猫ヶ洞池のほとりでは、アカメヤナギが綿毛を辺り一面に飛ばし、紅白歌合戦の北島三郎じゃないけど(ネタが古いかw)、大きく口を開けてあくびでもしようものなら、口の中に入ってきそうな感じ。

アカメヤナギ17年5月16日


季節の進み具合が、ほんと、早いです。

ノイバラの花は、早くも満開に近く、

ノイバラ17年5月16日


スイカズラの花もちらほら咲き始めてましたな。

スイカズラ17年5月16日


イロハモミジは、既に、プロペラ型の種子がびっしりと。

イロハモミジの種17年5月16日


蝶も、モンキアゲハやアオスジアゲハ等が飛び回ってましたが、あいにくシャッターチャンスに恵まれず、イチモンジセセリだけが、タンポポに止まってポーズをとってくれました。

イチモンジセセリ17年5月16日


何かと問題にされてるオオキンケイギクも「また花の時期になったなあ」と眺めてたら、
オオキンケイギク17年5月16日


今年は、直ぐ近くでナガミヒナゲシも。

ナガミヒナゲシ17年5月16日


自宅近所では、何年も前から姿が見られるようになり、じわりじわりと勢力を広げてますが、これまで平和公園ではあまり姿を見かけませんでした。

自宅近所の様子から生える場所をかなり選り好みする感じを受けてましたが、ユーカリ林を選ぶとはなるほどといった感じ。

ハンノキ湿地では、森づくりの会の、「湿地保全活動」の開始を告げる案内が。

「ハンノキ湿地再生活動開始」を知らせる看板17年5月16日


何年も前から、あの手この手で名古屋市に働きかけてきただけに、「ようやくか!」といった気分。

また、具体的に活動が始まったら、当ブログでお知らせします。

花やムシの写真ばっかりで、少々色気がないので、最後に、いつもの場所で佇む、いつものカワウさんの写真を貼っておきますw。

カワウ17年5月16日



名古屋市平和公園鳥類生息調査、世話人より

※ツイッターアカウント @dorasuky

census * 名古屋市平和公園フォト * 16:42 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ