<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 3月の平和公園調査 | main | 17年4月20日県の調査にて >>

平和公園鳥類生息調査 2017年4月

JUGEMテーマ:地域/ローカル



4月の第3日曜日は、月も半ばの16日。この3月で30年目の調査が終わり、いよいよ31年目のスタート。と、威勢よく行きたかったところですが、当人、風邪が治りかけの病み上がり、かなりヨレヨレの感じで、気勢の上がらない事この上ないスタートとはなりました(笑)。

幸い、まずまずのお天気に加えて、コナラ等が今まさに芽吹きの時期ってタイミングで、気持ちの良い新緑に包まれての調査に。これ、ほんと癒されますなあ。

コナラの新芽17年4月16日


今回も参加者はかなり多く、中に、久しく音信の途絶えていた古いメンバーの顔を見つけて、個人的には、これがこの日一番の収穫でしたが、鳥さんの方も、途中までは、「今日も、人は賑やかなるも、鳥イマイチのパターンで終わるのか???」と心配になる展開でしたが、幸い、ハンノキ湿地辺りで、おもむろに、これぞ、夏鳥!!って感じでコサメビタキが登場。じっと動かぬ姿を皆で見入っていると、続けて、今度は頭上でサンショウクイの声が(こちらは、都合3羽の姿を確認)。少し移動した先で、次には、この冬数いた割に当調査には引っかからなかったアトリが遂に登場。猫ヶ洞池の方では、2羽のカワセミが、何度か場所を移動しながら、最後は交尾の瞬間まで披露してくれるなど、数は少な目ながら、なかなかに盛り上がった1日に。

他にも、こちらも夏鳥の代表、センダイムシクイの声が何箇所かで聞かれ、農地コースの方では、コマドリやメボソムシクイらしき個体も出て、最後には、上空をミサゴが通過するなどがあったようで、31年目のスタートとなる月、どちらのコースも、まずまずの滑り出しだったようで、取り敢えず、メデタシメデタシ(笑)。

調査結果の詳細は、HP「出会った鳥達」の方にてご確認を。

ハンノキ湿地は、久々に水量満タン。

ハンノキ湿地17年4月16日


猫ヶ洞池の方も、つい先だってとは打って変わって、溢れるほどの水量に。

猫ヶ洞池17年4月16日


ソメイヨシノは、早、葉桜の風情でしたが、猫ヶ洞池を取り巻くシダレザクラの方は、今まさに真っ盛りといった感じ。

シダレザクラ17年4月16日


ベルマウスのヘリでは、ミシシッピアカミミガメが集団で日向ぼっこ中でした。

日向ぼっこ中のアカミミガメ。17年4月16日


これが、むやみに数を増やしている外来種で、在来のカメさん達の存在を脅かす輩でなければ、いかにも春らしいのんびりとした光景って事になるんですが。

同じく、春の日差しに誘われたのか、途中こんなのの姿も。

トカゲの仲間17年4月16日


身体に光沢があるので、カナヘビじゃなくてトカゲの方ですかねえ。

サクラばかりじゃなく、コバノミツバツツジも花が開いてました。

コバノミツバツツジ17年4月16日


こちらは、尾根筋を降りて、ユーカリ林の手前で見つけた花。

たぶん、イチゴの仲間だと思うんですが。17年4月16日


はっきり種類が分かりませんが、葉っぱの感じから、イチゴの仲間ですかねえ(と、植物はシロートのくせに、いい加減な話を(笑))。

最後は、猫ヶ洞池の池コース終わりの辺りで見つけた、ベニシジミ。

ベニシジミ17年4月16日


いかにも春の訪れを感じさせる花や虫、鳥達、満載の調査でしたが、今は、季節の進み具合が早いですからねえ。新緑の季節大好き派なので、もう少し、ゆったりと進んでくれると嬉しいんですが。

取り敢えず、新たな1年のスタートです。


名古屋市平和公園鳥類生息調査、世話人より

※ツイッターアカウント @dorasuky
census * 名古屋市平和公園フォト * 17:26 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ