<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 第8回 猫ヶ洞池ヨシ原再生・ゴミ拾い 参加者募集 | main | 2月の平和公園調査 >>

1月の平和公園調査

JUGEMテーマ:地域/ローカル



随分と間が空いてしまいましたが、取り敢えず、1月の平和公園の調査結果を、ざっと取り上げておきます。

第3日曜のセンサスの方は、前日からの雪が降り積もる中、「曇り後雪後晴」って感じに目まぐるしく天候の変わる悲惨な一日に。

朝、調査地へ向かう際には、幹線道路も白く雪で覆われているような状態だったので、参加者も、最少人数の3名。

鳥達の方も、雪が降りだす前のスタート直後は、エナガの群れが割に近くに寄ってきてくれたり、アカゲラの声が聞こえたり、まずまずだったのですが、キラニン通りの坂のところで二手に分かれて間もなく雪が降りだすと、途端に鳴かず飛ばずの状態に。ようやく雪が止んだのは、森コースの調査を終えて、猫ヶ洞池への移動のために車へ向かって歩き出してから。

雪が止むと、現金なもので、車の停めてある道路の手前で、早くもジョウビタキのオスが間近に飛び出してきました。

ジョウビタキ後ろ姿17年1月15日

ジョウビタキ横顔17年1月15日

猫ヶ洞池に到着する頃には、打って変わって、青空の広がるお天気に。

こちらの方は、雪が降ってた間、思ったように動き回れなかった反動か、ベルマウスの上には、カワセミの姿。

ベルマウスに止まったカワセミ17年1月15日

池の傍のセンダンの木には、ヒヨドリ、ムクドリ、シロハラ等が群がって、枝先に残った実をついばみ、さながら、鳥の生る木の様相。

ヒヨ、ムク等が実に群がるセンダンの木17年1月15日

市民の森の方がサッパリだっただけに、黙って記録だけ眺めてると、どちらが森で、どちらが池か分からないような結果に。

詳しい調査結果の方はHP「出会った鳥達」の方にてご確認を。


雪に煙るハンノキ湿地。

ハンノキ湿地17年1月15日

ようやく青空が望めるようになってから辿り着いた猫ヶ洞池

猫ヶ洞池17年1月15日

猫ヶ洞池の脇には、早くもレースの飾り羽をまとったコサギが餌を求めて、歩き回っておりました。

コサギ17年1月15日

水深が浅いんで、足の先だけ黄色いのがよく分かりますね。

最後は、こちらも、ベルマウスの脇の木に止まっていた、ツグミです。

ツグミ17年1月15日

という事で、実のところ、既に、県の定点調査の方は、2月分を実施済みで、次の日曜日は、第3日曜のセンサスだったりしますが、時間が取れそうなら、この1週間後に行った、県の方の調査も取り上げたいと思ってますが、さてどうなりますか。

こちらの方は、平和公園ではあまり目にする機会が少ない、あのアトリが出ましたからなあ(と、気を持たせる(笑))。


名古屋市平和公園鳥類生息調査、世話人より

※ツイッターアカウント @dorasuky

census * 名古屋市平和公園フォト * 17:07 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ