<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 16年7月県定点&平和公園鳥類調査(1) | main | 16年8月平和公園鳥類調査 >>

16年7月県定点&平和公園鳥類調査(2)

JUGEMテーマ:地域/ローカル



7月の調査の様子の「後編」です。

夏本番って時期に入って、トンボの仲間も段々賑やかに。

これは、10日にハンノキ湿地西側の排水路の辺りで出遭った、多分、オオシオカラトンボの方。

オオシオカラトンボ16年7月10日


17日のセンサスの日に、昼食食べてから谷戸を回った際は、湿地の周りで何匹化のチョウトンボも見つけました。

なかなか止まってくれないんで、証拠写真程度の写真しか撮れなかったけど(笑)。

チョウトンボ16年7月17日


こちらも、ボチボチ花の時期じゃないかと見て回ったミソハギですが、17日の時点では、まだようやく花が開き始めたところといった感じ。

ミソハギ16年7月17日


そうそう頻繁には出かけられないので、この辺りはタイミングがなかなか難しい(笑)。
同じく、17日の日の谷戸、クズの生い茂る南側斜面には、モフモフな外観が目立つシオヤアブと、

シオヤアブ16年7月17日


扁平な体型が特徴的なカメムシの仲間を発見。

カメムシの仲間16年7月17日


最後は、こちらは10日の日に、桜の園を歩いている時に見つけた、マメコガネ。

マメコガネ16年7月10日


コガネ虫の仲間は、様々な色の美しい光沢を放つ背をしたものがたくさんいますが、中でも、このマメコガネの光沢のある背中は、なかなか魅力的で、好きな虫のひとつです。

8月に入ると、干潟等では、ボチボチ、シギチドリの渡りが始まりますが、こちら、森を舞台の野鳥観察では、まだまだ、「夏枯れ時期」が続きますので、もうしばらくは、樹上で鳥を探すよりも、つい、葉の表面や、コナラ等の幹等に虫達の姿を探す時間が長くなる時期が続きます。


名古屋市平和公園鳥類生息調査、世話人より

※ツイッターアカウント @dorasuky
census * 名古屋市平和公園フォト * 22:06 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ