<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 平和公園鳥類調査16年4月 | main | 16年5月の平和公園鳥類生息調査&県定点調査(2) >>

16年5月の平和公園鳥類生息調査&県定点調査(1)

JUGEMテーマ:地域/ローカル


5月は、仕事のバタバタに加えて3日も雨の日が続いたりで、12日の木曜日に県の定点調査、15日日曜日に毎月第3日曜日恒例の平和公園鳥類調査(通称「センサス」)と、立て続けに平和公園に出かける日程に。

どうせ似たような場所を2回歩くのなら、ある程度間が空いた方がその間の変化を感じられていいんだけど、センサスの方は第3日曜と行う日が決まってて、県の調査も日付の指定はないものの、「できるだけ月の中間あたり」と指示があって、巡り合わせが悪いとこうなっちゃう。まあ、仕方ありませんなあ。

春の渡りもピークは過ぎて、渡り途中の鳥達の数自体も少なくなってくる時期だけに、調査の結果はどちらも似たような感じに。

一番の期待は、毎年、春の渡りのラストを飾るホトトギス、サンコウチョウ辺り。運良く出くわすか、はたまた空振りに終わるかってとこなんですが、あいにく、今年はどちらも不発。

代わりに、エナガの幼鳥達の群れや、ヤマガラ、シジュウカラのヒナを連れた家族が目を楽しませてくれました。

下は、12日の県の調査の際、ハンノキ湿地北側の小路で出くわしたヤマガラ家族の巣立ビナの1羽。

ヤマガラのヒナ16年5月12日


小刻みに羽を震わせて甘え声を出し親鳥に餌をねだってましたが、そのしぐさや声が、人間が目にし、耳にしても、いかにも「甘えてる」って風情を感じるのが面白いところですな。

ひと渡り、ヒナ達に餌を与えた親鳥が、自分のすぐ脇の低木の枝に止まったんで、見ていると、葉の付け根辺りにあるアワフキムシの泡の中ほど辺りに狙いを定めて、何度か嘴で突きだしました。

アワフキムシを突くヤマガラ16年5月12日A


アワフキムシを突くヤマガラ16年5月12日B


見た感じでは、中の幼虫をゲットできたようには見えなかったので、うまく捕まえられなかったのか、先客があって既に食べられた後だったか、はたまた、こちらが確認できないうちに既に口の中に収まった可能性もありそうですが、ヤマガラ辺りがアワフキムシを狙うというのは、予測していなかっただけに、ちょっと意表をつかれた感じ。

ちなみに、アワフキムシ自体のアップはこちら。

アワフキムシ16年5月12日


長年見慣れた普通種の鳥達も、まだまだこちらが知らない行動は多いのでねエ、当分足抜きは出来そうにも(笑)。

15日のセンサスの方は、バードウィークの最中という事もあってか、いやに参加者が多く、初参加の方も多かったので、「多少は、何か、見せ場になるようなところがあるといいんだが」と思いつつ、歩みを進めましたが、そうそうこちらの期待通りにはねエ(笑)。
それでも、途中、エナガの幼鳥達が割にじっくり姿を見せてくれたり、何度か間近にキビタキの囀りが聞けたり。時期を考えれば、まずまずの結果だったかな。

農地コースの方では、トケン類(カッコウの仲間)が見られたようです。

どちらの日も、夏鳥は、当地近辺で繁殖する、ツバメとキビタキのみなのがイマイチでしたが、この先3ヶ月あまりは、いわゆる夏枯れの時期に。多少は、暑さを忘れるような出遭いがあると嬉しいですがねエ。

12日の、観察種は以下の通り。

カルガモ、キジバト、カワウ、オオタカ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、メジロ、ムクドリ、キビタキ、スズメ、カワラヒワ

15日のセンサスの方は、HP「出会った鳥達」の方でご確認を。


県の調査で周る前、3日ほど雨の日が続いた事もあってか、ハンノキ湿地は、今月も満水で、ユーカリ林脇の水路に水の流れ込む音が聞こえるほど。

ハンノキ湿地16年5月12日


猫ヶ洞池の方も満水でしたが、こちらは雨の影響というよりも、ヘラブナ釣りの釣屋さん達の申し入れでフナの産卵に配慮、山崎川への放水量を減らして水位を上げているためだと思われます。

猫ヶ洞池16年5月12日


おかげで、伸び始めたヨシ原も、相変わらず、根元がどっぷり水に浸かった状態。

猫ヶ洞池のヨシ原16年5月12日


「ヘラブナの卵が孵るまで」って話なら、5月の末辺りまではしかたがないにしても、ヨシの生育にも配慮して、6月に入る辺りか、最悪梅雨入り前には、ぐっと水位を下げて欲しいんですがねえ。

猫ヶ洞池の池畔を囲む金網のフェンスの向こうに、スイカズラの花が咲いていました。

スイカズラの花16年5月12日


花弁の色が、白と黄色のツートンカラーなのは、花が開いた直後は白なのに、何日かすると黄色に変わるため。

この日は、花を目ざとく見つけたクマバチが、花から花へ、盛んに動き回っていました。
スイカズラの花に寄ってきたクマバチ16年5月12日



といったところで、以下、次回。


名古屋市平和公園鳥類生息調査、世話人より

※ツイッターアカウント @dorasuky
census * 名古屋市平和公園フォト * 21:49 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ