<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 平和公園鳥類調査15年12月 ― Part1 | main | 第7回 猫ヶ洞池ヨシ原再生・ゴミ拾い 参加者募集 >>

平和公園鳥類調査15年12月 ― Part2

JUGEMテーマ:地域/ローカル


前回取り上げた12/14(月)、県の定点調査、および、12/20(日)の平和公園鳥類調査(センサス)の続き。前回の更新で、取り上げきれなかった写真等を少々。

季節がら、鳥達の餌となる木の実に注意が向かいますが、鳥達の好み、それぞれの実の熟す時期の違いからか、たわわに実が実っていても、あまり食べられた跡の見られない物、まだしっかり熟しているとは到底思えない時期から盛んに食べられる物、樹種によって様々なのが面白いです。

既に、キレイに紅く実が色付いたソヨゴ。

紅く色づいたソヨゴの実15年12月20日


けっこう早い時期から紅い実が目につくものの、いつも冬の終わり頃まであまり食べられた様子もなく残るんですよ。最終的には、ちゃんと食べられるんですが。

これを「あまり好みじゃないんで、他に食べられる実が有る間は食べず、他の実を食べ尽くすと仕方なしに食べる」と見做すか、「熟す時期が他の実より遅い」と解釈するが、微妙なところ。最終的には、食用にしてる鳥達に聞かないとはっきりした事は(笑)。

個人的には、熟す時期を待ってる説が有力だと思ってますが。

カラス、ムクドリ、キジバトから、スズメ等にまで人気のセンダンも、20日のセンサスの際には、ようやく食べ頃って感じになってました。

いい色に熟したセンダンの実15年12月20日


かなり、大きい実なので、カラス、ムクドリ辺りはまる飲みしますが、流石にスズメはそういう訳にはいかず、嘴でむしって食べているようです。

センダンで面白いのは、たいてい上の方の実から食べられ、一番下の実は、けっこう後まで残っている事。実が垂れ下がっているので、下の方の実は食べにくいのかもしれません。

11月のセンサスの際、平和堂の南側の南部緑地入口から南へ続く舗装路で、実の付いたクスノキの枝が盛んにカラスによって落とされていたのが見られましたが、このセンダンでも、やはり「カラスの枝落とし」がよく見られます(と言うか、自分が「カラスの枝落とし」って話題を観た途端食い付いたのは、盛んにカラスがセンダンの枝をポキポキ折っているのを予てから観ていたため)。

20日のセンサスでも、「ボチボチどうかな」と思って木の根元周りを調べてみると、案の定、らしい枝がバラバラと落ちてました。

カラスの枝落とし(センダン)15年12月20日


14日の県の調査の際は、やはりナンキンハゼで同様の光景が見られました。

カラスの枝落とし(ナンキンハゼ)15年12月14日


ただ、どちらも、盛んに枝は折って落とすものの、不思議な事に、落とした枝をカラス自身が地面に降りて実を啄む光景は未だお目にかかった事がありません。

まだ、ナンキンハゼの方は、キジバト辺りが群がって食べてたりしますが、センダンの方は、一旦地面に落ちると、大半の鳥達が見向きもしないので、何を目的に枝を落とすのかが謎なんですが(目的があるのかどうかも謎(笑))。

大阪の方で、この「カラスの枝落とし」の情報を全国規模で集めている方がみえますので、あれば、写真も添えて、観察した日付とともに、「場所」、「樹種」、「ハシボソ、ハシブトの別(分かれば)」等を、自分の方にお知らせ下さい。

同じ樹種で周りにたくさんカラスがいても、この枝落としが見られる場所と、全く見つからない場所があるようで、全国的な分布等がまとまれば、興味深いデータになる気がします。

まあ、相手がカラスだけに、単なる「遊び」の可能性もあったりしますが(笑)。

相変わらず、今年も、ハンノキ湿地の周りには、餌をねだりに来るヤマガラが数羽。

エサをねだりに近寄ってきたヤマガラ15年12月20日


餌付けは、鳥に対する悪影響ばかりか、地域の環境にも悪影響を与える事もあったりするので、ほんとに困るんですが、毎日のように餌を与えに来る方が何名か。

先日は、これとは別に、平和堂の辺りで、カラスにも餌を与えてみえる方を見つけて唖然としましたが、カラスは餌付けで変に人慣れすると、当人(鳥?)は単に餌をねだるつもりで、通行人に近付き、相手が子供だったりすると、怪我をさせられる可能性もあったりしますから、他の方のみならず、当のカラスにもえらい迷惑な行為なんで、止めてほしいんですがねえ。

といったところで、14日の県の調査の際、猫ヶ洞池のベルマウス近くで出遭ったコゲラの写真を、最後に挙げておきます。

コゲラ15年12月14日


お正月を過ぎても、やけに暖かい日が続いたりして、冬鳥の飛来を楽しみにしてる身としては、逆風が吹くこの冬ですが、ボチボチ冷え込む日も出てきているので、気が変わって、「今からでも、平地に下りてみようか」って考えてくれる冬鳥が出てきてくれるのを願ってるんですが、今の時期からじゃ難しいかな。


名古屋市平和公園鳥類生息調査、世話人より

※ツイッターアカウント @dorasuky
census * 名古屋市平和公園フォト * 18:54 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ