<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 平和公園鳥類調査15年11月 | main | 平和公園鳥類調査15年12月 ― Part2 >>

平和公園鳥類調査15年12月 ― Part1

JUGEMテーマ:地域/ローカル


いつの間にか年が明けてしまい、2年越しの更新となっちゃいましたが、昨2015年12月は、県の方の調査を14日、いつもの第3日曜日の野鳥の会の定例行事の平和公園鳥類生息調査の方は翌週の20日に行いました。

まず先に、12/14(月)の県の調査の方を取り上げますと、前日日曜日のお天気がイマイチだったので、1日ずらして出かけたのですが、天気予報では午前中お日様マークが付いていたのに、いざ出かけると日射しのない曇り空の中の調査。

案の定、出だしは低調で、スタートして暫くは、ヒヨドリが時折飛ぶ程度で、カラスの仲間ばかりやたら多い展開。「出かける日を間違えた!!」感が漂っていたのですが、献体の塔に差し掛かる辺りでエナガ、シジュウカラの群れに出くわした辺りから、やや持ち直し、さほどこれといったものは見られなかったものの、猫ヶ洞池の水鳥が増えてきた事もあって、最終30種に少し足りないところまで記録する事ができたので、どん底に近い感じだった11月から比べれば、上々の結果という感じ。

ツグミはようやく1度鳴き声が聞こえた程度で終わったものの、なかなか姿が見られずやきもきしたシロハラは、かなり数が増えたようで、あちらこちらで警戒音とともに藪の奥に逃げ込む姿を確認。

ただ、秋にチラリと姿を確認したカケスは、全く気配なし。もうとうに、あちらこちらから地鳴きが聞こえてきてよさそうな時期なのに、アオジも数が少なく、近在の高地から下りてくる2種が共に少ないので、気象庁の「暖冬」との予報がかなり当たりそうな状況で、冬鳥のイマイチ淋しいシーズンになりそうな感じ。

寒いのは苦手なので、暖かい冬はありがたいものの、冬鳥が淋しいのは歓迎しかねるので、この辺りは複雑なところ(笑)。

当日観察した鳥種は下記の通りです。

ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、カイツブリ、キジバト、ダイサギ、オオバン、コゲラ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、メジロ、シロハラ、ツグミ、ルリビタキ、ジョウビタキ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ、ホオジロ、アオジ、ドバト

さて、肝心の12/20のセンサスの方ですが、こちらもさほど目玉となるような種は出なかったものの、天候に恵まれた事もあり、エナガ、シジュウカラ、メジロ等のカラの混群の動きが活発で、取りあえず、「鳥見た!!」って気分は存分に味わえました(笑)。

特に、ようやく、調査地のあちこちでツグミの声が聞こえ、上空を群れで通過する姿が見られたり、池コースを回った際は、割にしっかり姿を拝む事ができて、これがこの日、一番の収穫だったかも。

猫ヶ洞池の冬ガモは、今年もヒドリガモ、マガモが主で、以前は、断然数の多かったコガモやオナガガモは1羽も確認できず。

年々数が増えてきているオオバン。

オオバン15年12月20日


この日ついに個体数が2桁の大台突破。急に数が増えたわけではなく、毎年じわじわ増えてきているところを見ると、一過性のものではなさそうで、はて、何故、ここまで個体数が増えてきたのか。

詳しい調査結果の方はHP「出会った鳥達」の方でご確認下さい。

少し前に、「千種台川点検のため一時猫ヶ洞池の水位が下がります」と公園の方から連絡を頂き、この日が水抜きの初日だったのですが、まだ水位の下がり方はさほどでもなかったです。

猫ヶ洞池15年12月20日


一応、点検作業の方は10日ほどで終わるとの事でしたが、一時的にでもうんと水位が下がる事で、池で羽を休める冬ガモ達の種類に何らかの影響があるのかないのかも、気になるところではあります。

また、今回の水抜きとは別に、11月初めぐらいの時期から既に、割に水量の少ない状態が続いていたのですが、水の引いた地域のアシの根元をよく見ると、何やら年末近くの時期なのに、アシの新芽らしき緑の葉が伸びてきているのが目につきます。

猫ヶ洞池アシ原15年12月20日


アシの新芽15年12月20日


もし、水位が下がった事で生育期を過ぎた今頃新たな芽が出てきているんだとすると、「もっと、早目に水位を下げてくれたらなあ」って思いが改めて湧きあがってしまいますが、来年こそは、もう少し、水位の調整を何とかしないとねえ。

ハンノキ湿地の方は、この日も、満水に近い水量でした(写真は、12/14の県の調査の際撮影したもの)。

ハンノキ湿地15年12月20日


毎年、12月に入る頃、一斉にわ〜〜〜っと発生するクロスジフユエダシャク。12/14の県の調査の際は、既に発生時期の終わりかけって感じで、辺り一面に広がるって感じではなくなっていましたが、それでも1枚だけ、とまったところを写真に撮る事ができました。
クロスジフユエダシャク15年12月14日


って、ところで、猫ヶ洞池東側のメタセコイア広場入口辺りで、餌を探していたモズ君の写真を最後に取り上げて、以下、「後半に続く!」って事に。

モズ15年12月14日



名古屋市平和公園鳥類生息調査、世話人より

※ツイッターアカウント @dorasuky
census * 名古屋市平和公園フォト * 22:07 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ