<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 県定点調査(15年11月7日) | main | 平和公園鳥類調査15年12月 ― Part1 >>

平和公園鳥類調査15年11月

JUGEMテーマ:地域/ローカル


毎月第3日曜日恒例の平和公園鳥類生息調査。今月は、ちょうど月の真ん中の15日の実施でした。

週間予報ではずっと土曜日、日曜日のところに目障りな傘マークが付いてたんで悪い予感はしてたんですがねえ。

土曜日午後から雨が降り出して日曜の朝には降り止む的な希望的パターンを思い描いてて、その辺りまでは予想通りだったんですが、途中からは青空も覗いていたものの日が射すまでは行かずじまい。これが災いしてか、調査結果はほとんど最悪といっていいような状態(涙)。

11月でっせ!11月!!長年、観察種数、個体数ともに、その年の最高値を記録してきた11月なのに、森コースの終わり近くで、「これ、ひょっとすると、種数2桁行かないんじゃねえ!」って状態。調査結果を集計してて、市民の森コースでシジュウカラが記録から漏れてるの気付いた時は、流石に、全身から力が抜けおちましたが(溜息・・)。

一発逆転を狙った猫ヶ洞池も、オオバンが加わったものの、先の県の調査に続いて冬ガモはヒドリガモのみ。

到着が遅れていたシロハラも姿は見られなかったものの、声の方は何度か聞こえていただけに、それなりに冬鳥は来ているはずなんで、終わっちゃった結果を嘆いていてもねえ。まあ、鳥の数だけはいても、巡り合わせが悪いとこういう事もあるって事で、次月以降に雪辱を期すしか。

詳しい調査結果の方はHP「出会った鳥達」の方で。

鳥の方ではこれといって見どころがなかったですが、集合場所から2コースに分かれるキラニンの坂への登り口に至る舗装路で、路上に台風明けを思わせるほどたくさんのクスノキの実の付いた枝が散らばっている光景を目にしました(うっかり、写真に収めるのを忘れ、後でめっちゃ後悔しましたが)。

歩いてる最中は半信半疑だったんですが、自宅に戻ってから、大阪の方で「カラスの枝落とし」の情報を集めている方に確認したところ、「おそらく、カラスの仕業で間違いない」との事。

3年前の秋に、ハシブトガラスが、やはり実のなったセンダンの枝をちぎって落としているシーンを目にした事があるし、ナンキンハゼでも、木の周りに不自然にたくさんの実の付いた枝が落ちているのをよく見かけますが、これもおそらくはカラスの仕業。

落ちたセンダンの実は、カラスばかりか他の鳥達でも、食べているところを見た事がありませんし、ナンキンハゼも、キジバトが群がって食べているのは見た事がありますが、カラスが食べている光景は見た事がなく、何のために落としてるのかは分からんのですがねえ。

取りあえず、情報を確認させて頂いた方は、「カラス枝落とし」の全国的な情報を集めてみえるようなので、もし、どこかでご覧になる事があれば、日付、場所、樹種とハシブト、ハシボソの別等、世話人までお知らせを。

今月もハンノキ湿地は、かなり水量が少なかったですねエ。

ハンノキ湿地15年11月15日


猫ヶ洞池の方も、アシの生育期にあれほど高過ぎる水位を嘆いていた事を考えると、「嫌がらせかよ!」と思わず言いたくなるほど、水位が下がってました(くそっ!!!)。

猫ヶ洞池15年11月15日


アシ原の件は、また話すと長くなりそうですので、別の機会にまとめて(笑)。

流石に11月半ばなので、紅葉も本格的な感じに。

ウルシの仲間は、ほんと、紅葉キレイですねエ。こちらは、ハゼノキかな。

ハゼノキ15年11月15日


イロハモミジも、まだ青々とした葉を残した木もありますが、かなりいい感じに色づいてました。

イロハモミジ15年11月15日


秋と言えば、紅葉の季節とともに、「実りの秋」って事で、写真は撮らなかったもののガマズミもいい感じに熟してましたし、こちら、フユイチゴもかなり食べ頃って感じに。

フユイチゴ15年11月15日


先ほど、カラスの枝落としのところで名前の挙がったセンダンは、まだ、食べ頃にはもう一息って感じだったのか、鳥達の姿はありませんでしたが、かなりいい色にはなってきてました。

センダン15年11月15日


森コース終わり近くの上り坂では、菌類の1種、ツチグリを、この手のものに目ざといIさんが発見。

ツチグリ15年11月15日


写真では、あまり食指の湧く姿とは言い難いですが、自宅に戻ってPCで調べると、幼菌の時期は食用になると書いてありました。ただし、幼菌の時期にそれと気付けるかが問題ですが(笑)。

虫達もちょっと終わりに近い時期で、写真が淋しいですが、池コースの終点のところでは、先月に引き続き、アオイトトンボ(オオアオイトトンボ?)が登場してくれました。

アオイトトンボ15年11月15日


仕事がずっと悲惨な状態で、雨池や小幡緑地さえなかなか出かけられない状態が続いてて、自宅の庭に来てくれる鳥達ぐらいしか目にできず、センサスもこんな調子だったので、ちょっと冬鳥の禁断症状って感じになってますわ(笑)。

それは別にして、毎年ゴミ拾い等を続けている猫のアシ原再生がすっかり足踏み状態になっているので、その辺りを一度、まとめて取り上げたいと思ってますが、うまく時間がとれるかどうか。

取りあえず、「予定は未定」って事で(笑)。


名古屋市平和公園鳥類生息調査、世話人より

※ツイッターアカウント @dorasuky
census * 名古屋市平和公園フォト * 17:20 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ