<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 平和公園鳥類調査15年10月 ― Part2 | main | 平和公園鳥類調査15年11月 >>

県定点調査(15年11月7日)

JUGEMテーマ:地域/ローカル


今月は、センサスのある第3日曜日が、ちょうど月中の15日なのと、週明けの天気予報があまりよろしくなかったので、少々日程的には早目だったものの、7日の土曜日に県の方の調査で平和公園を一回りしてきました。

前日の予報では、午前中はお日様が輝く予定だったのですが、当日出かけてみると雲に覆われてイマイチぱっとしないお天気。

そのせいか、鳥達の動きもイマイチで、「ぼちぼち、冬鳥が揃ってきた頃では」と期待が高かっただけに少々肩すかしを喰らった感じ。

一応、アオジ、ジョウビタキに加えて、声だけの登場だったものの、ウグイス、シメあたりまでは確認できましたが、シロハラは相変わらず気配なし。先月のセンサスでは数種の姿を確認した猫ヶ洞池の冬ガモ達も、この日は僅かにヒドリガモの姿を確認したのみ。

ただ、当日出遭った写真屋さん達の話では、ベニマシコ、ミヤマホオジロ等も既に来てはいるようで、たまたまこの日は少々淋しかったものの、今シーズンの冬鳥自体さっぱりという事ではないみたいで、その点は救いが。まあ、今後に期待といった感じでしょうか。
一応、ひと通りの観察種を挙げると、下記の通りの結果に。

ヒドリガモ、カイツブリ、キジバト、アオサギ、コゲラ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、メジロ、ジョウビタキ、スズメ、キセキレイ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、シメ、アオジ、ドバト

この日、最初に目を惹かれたのは、下の写真のスズメバチの巣。

スズメバチの巣15年11月7日

場所がハローワーク裏手にある小公園の一角で、隣合わせの平和ヶ丘小の校庭とも繋がっており、この日も子ども会らしき一団が親子で清掃活動を行っていたり、子どもの出入りが頻繁な場所で、散歩コースにしている方達も多く、公園から丸見えの場所だけに、「よくぞ取り除かれる事なく、この時期まで残っていたもの」というのが正直なところ。せめて、来月辺りまで残っていてくれたら、ひと揃い道具を持参して回収を試みてみたいところなんですが、無理かなあ。

11月に入り、まだまだ暑さを感じる日もあったりするものの、それなりに冷え込む日も増えてきて、じわじわといった感じではあるものの、紅葉、黄葉が進んで、辺りの景色はいかにも「秋景色」って感じになってきました。

秋景色15年11月7日


イロハモミジも木によって差はあるものの、かなり紅葉したものも。

紅く色づいたイロハモミジ15年11月7日

ナンキンハゼも、既にかなり実が弾けて食べ頃を迎えた木もあって、早速カラスが群がって、実を啄んでいる光景を何ヶ所かで目にしました。

ナンキンハゼの実を食べるハシブトガラス15年11月7日

下は、当地ではあまり多くないコムラサキシキブ。

コムラサキシキブ15年11月7日

いつものムラサキシキブと比べると、より色が濃いのに加えて、固まって実がついているので、あまり目立たないムラサキシキブとは一味違い、より艶やかな感じが。

まあ、いかにも「野の花」って感じがする地味〜〜〜なムラサキシキブも、それはそれでけっこう好きなんですが(笑)。

下は、この日ハンノキ湿地で餌を狙ってた若い感じのアオサギ。

アオサギ15年11月7日

元々、採餌の際は、じっと餌の近付いてくるのを待つ待ち伏せ型の鳥ですが、このアオサギくん(「さん」かもしれませんが(笑))、たまたま出遭った知人と立ち話しながら眺めてたら、「狙いを定めて」今にも「飛びかかる」って感じのこのポーズで固まったまま、優に20分以上はじ〜〜〜っと動きませんでしたから、流石に感心しましたね(一瞬、ヴィデオの「一時停止」を連想しちゃったぐらい(笑))。

こちらは、樹皮の間に嘴を突っ込んで、器用にイモムシを引っ張り出して食べるシジュウカラ。

シジュウカラ15年11月7日

その近くでは、思わず「イナバウア」を連想するポーズで餌を啄むメジロの姿も。


メジロ15年11月7日

稲刈りの済んだあと、田んぼの一角で天日干ししてあった谷戸の田んぼの稲。この日は、ちょうど脱穀作業を行う日だったようで、ひと通りの調査を終えて谷戸の方を覗きに行ったら、里山の家の前に古式ゆかしい足踏みの脱穀機等が広げてありました。

刈り取った稲の脱穀作業準備15年11月7日

昨年に続き、今年も収穫の方は今一つだったようで、天日干しの間に、しっかり網で覆っていたにも拘わらず、かなりスズメに食べられてしまった事も、収穫の少ない一因だったとの話に、野鳥関係者としては少々肩身の狭い思いも(笑)。

なぜか、昨年から急にスズメの数が一年を通して増えたのよね。申しわけない。

この日はイマイチ淋しい調査結果に終わったものの、11月は、ほとんどの年で観察種数、個体数ともにピークを迎える付きですからねエ。第3日曜日のセンサスはちょっと期待したいところですが、はたしてどうなりますか。


名古屋市平和公園鳥類生息調査、世話人より

※ツイッターアカウント @dorasuky
census * 名古屋市平和公園フォト * 22:06 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ