<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 県定点調査(15年10月12日) Part1 | main | 平和公園鳥類調査15年10月 ― Part1 >>

県定点調査(15年10月12日) Part2

JUGEMテーマ:地域/ローカル


先日更新した10月12日の県の調査の続きです。

調査開始早々、こじんまりした群れで迎えてくれたメジロのうちの1羽です。

メジロ15年10月12日


時間がなくて、何の実かまでは調べられてませんが、けっこう大きな実を啄んでいました。

時には、おそらくウンカ等の類と思われる虫を根気よくフライングキャッチで食べている姿も見られるメジロですが(摂取するカロリーと消費するカロリーで採算が合うのか心配になったりしますが(笑))、草の実、木の実も、大小様々なものを食べているようです。

こちらもかなりメジロの餌となっていると思われるクサギの実。

クサギの実15年10月12日


クサギは生育が早いのか、この木は、数年前には確か腰ぐらいの高さだったはずなのに、もう見上げるような高さになっちゃいました。まあ、高木ではないので、この辺りで打ち止めかとは思いますが。

こちら、ムラサキシキブの実も、色々な鳥達の餌となっているようで、ハンノキ湿地の周りをグルリと回ったところでは、ほぼ食べ尽くされたような木が多かったのですが、幸い、このムラサキシキブは、いい感じに実が残っていました。

ムラサキシキブ15年10月12日


こちらは、木蔭の葉裏にいくつか固まっていたカタツムリのなかの1匹。

イセノナミマイマイ15年10月12日


ちょい小さめの個体でしたが、これもイセノナミマイマイと考えていいのでしょうかねえ。

しばらく前に草刈が行われたばかりといった感じの桜の園で、しぶとく花を咲かせていたタンポポでは、アシブトハナアブや、

アシブトハナアブ15年10月12日


今頃の時期に、目にする機会の増えるイチモンジセセリの姿が。

イチモンジセセリ15年10月12日


まだ、この日回った限りでは、ジョウビタキ等の冬鳥の気配は感じませんでしたが、第3日曜の18日に行うセンサスでは、何かしら冬鳥が見られるでしょうかねエ。

もうぼちぼち、カモの類も来てもよさそうな時期ではありますが。

このところ、賑やかな年とあまりぱっとしない年が交互に訪れている感のある冬鳥達ですが、今年はどんな塩梅になるのでしょうか。

毎年見なれている癖に、やはり、この時期になるとひと通りの種類の顔だけ見ないと、何となく気分的に落ちつかないのは、困ったものです(笑)。

名古屋市平和公園鳥類生息調査、世話人より

※ツイッターアカウント @dorasuky
census * 名古屋市平和公園フォト * 18:32 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ