<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 平和公園(名古屋市)鳥類生息調査12年10月(2) | main | 平和公園(名古屋市)鳥類生息調査12年11月(1) >>

平和公園猫ヶ洞池 かいぼり 実施計画変更のお知らせ

JUGEMテーマ:地域/ローカル


ツイッター掲示板では先にお知らせしましたが、先にお知らせしていた12月8日実施予定の猫ヶ洞池のかいぼりの実施計画がかなり変更になりました。

生憎、変更内容が分かった時点で既に11月号の支部報に掲載する原稿の差し替えには間に合わない時期だったため、改めて12月号に再度変更後の内容に合わせた記事を載せて頂くよう県支部の方にはお願いしてありますが、当ブログで予め支部報原稿の内容を転載しておきます。


-----<支部報掲載原稿 転載>------------

先にご案内した平和公園猫ヶ洞池の池干し・かいぼり、実施計画に変更がありましたので、あらためてご案内させて頂きます。

実施予定日: 平成24年12月8日(土)〈雨天の際は 翌日(12/9)に順延〉

当日スケジュール: 8:30 受付開始   9:00 集合
          9:30 作業開始  12:00 作業終了

※作業に必要な胴長・タモ網等は名古屋市環境局より提供されます。ただ、胴長は、当日参加の方が多数みえる場合、数が不足する事も考えられますので、胴長を着用しての作業をご希望の方は野鳥の会愛知県支部まで 電話、FAX、メール( front@wbsj-aichi.org )等で事前に申し込みをお願いします。

参加市民団体 なごや東山の森づくりの会、平和公園(猫ヶ洞池)愛護会、日本野鳥の会愛知県支部

当日実施内容
・地引き網等による生息生物の捕獲 2〜3艘のゴムボートが引いてきた網を岸から引き上げ。タモ網等で岸近くの小動物等を採取。
・採集生物を選別、コイ、ブラックバス、ブルーギル等移入種を除去。
・捕獲した生物の展示、解説等。
・上流側の生物調査及び清掃

かいぼり作業終了後の清掃作業は、年明けに予定しておりますアシ原再生作業のための環境整備といった面もありますので、ご都合の許す限り参加、ご協力をお願い致します。

(平和公園鳥類調査グループ 木野浩一)


---------------------------------------------------------------
このような形で計画変更となった理由は、そもそも、行政側に本気でへらぶな釣りの愛好会とやりあおうって人間がおらず、除去する移入種からへらぶなを除外したため、「ヘラブナ保護するために環境予算は使えねぇ」って立場の環境局と、「土木予算を生物の保護に使うわけには」って立場の土木局でツケの押し付け合いをした挙句、土木局の実施でケリが付いたものの、「とりあえず形だけは整えないと」程度に内容が薄まってしまったって事のようです。

前回は人手が必要って、この会議の場に間に合うように市民側の各団体から参加者名簿を提出って話まで出てたのでその辺りを質問すると、「参加の取りまとめや参加者のための保険等は各団体の責任でお願いします」って説明で、これには流石にカチンときましたが、流石にここで「降りた」ってわけにもいかないので、効果は分からないものの可能な範囲でバスやブルーギル等を除去し、時間が余れば、来春再度行うつもりのアシ原再生の方の下準備に、アシ原周辺のゴミ拾いもって感じに、こちらの計画も軌道修正です。

そんな訳で、始める前から後味の悪い話とはなりましたが、最低限、長年行われてこなかった池の中の生物調査が行え、水の中の生き物の様子も調べることができるって面もあり、せっかくの機会、できる限り有効に使いたいと思いますので、ご都合の付く方は可能な範囲でご協力をお願い致します。

胴長のサイズは、こちらに直接メールでご連絡頂いたもかまいません。直にご連絡は、ツイッターのDMか、HP「名古屋市平和公園の鳥たち」の「お問合せ」からメールで。

以上、よろしくお願いします。


名古屋市平和公園鳥類生息調査、世話人より

※ツイッターアカウント @dorasuky
census * 名古屋市平和公園フォト * 18:52 * comments(9) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

はじめまして,とりあえず待ってもらえませんか,実際,実行したら「罰があたりますよ」。

 鯉は(正確には錦鯉かな)国魚なんです。にっぽんの誇る国の魚です。その鯉を殺すという行為は反日行為だと判断する人々も少なくないでしょう。周囲を見渡せば,こいのぼりだって大空に泳いているじゃないですか。

売国奴を退治する方が先決です。

12/8,9は,池に出向きます。
Comment by へら彦  @ 2012/12/02 5:56 PM
こりゃ何を言ってもだめだ。(笑)
Comment by ブルース刑事 @ 2012/12/02 4:54 PM
え〜と、こちらが煽ってるわけではなくて、形としては市の方より動員をかけられてるカッコウ。意見は色々あると思いますが、批判なら少なくとも過去記事も含めてブログの内容程度は読んだ上でお願いしたい(笑)。「鳥がよければ…」も、鳥は生態系の上位種なので、鳥だけよくするのは無理。魚も含めて多様な生物が生息できる環境を整えるた結果様々な鳥も集まってくるわけで、独自理論もけっこうですが、最低限の生態系の成り立ち程度は踏まえておいて頂きたいと。
Comment by 世話人 @ 2012/12/02 4:27 PM
鳥がよければすべてよしですか?
名古屋市が作った市民釣り場で釣りの対象として放流された
鯉を駆除するなんてまさに愚行です。
貴方たちに煽られて黙認する名古屋市はどうしようもないですね。
釣り人の皆さん、当日は現地で愚行を見ましょう。
Comment by ブルース刑事 @ 2012/12/02 1:04 PM
これは行政側が正しいと思いますよ
「ヘラブナ保護するために環境予算は使えねぇ」ごもっともですよ
国の言っている事に間違いはありません。
自分達はヘラブナの愛好会の為に媚売って同じ外来魚であるヘラブナは駆除せず
同じ外来魚である鯉やブルーギル、ブラックバスは駆除をするって失礼ですが頭おかしく無いですか?
外来魚の意味ですがこの様になっています。「外来魚とは? もともとその地域にいなかったのに、意図的、非意図的に関わらず人間活動によって生物の持つ移動能力を超えて他地域から入ってきた生物のことを指します。」
つまり貴方達が保護をするヘラブナも立派な外来魚って事ですよね?
元々から居たと言うのでしたら嘘になりますよ。
何故かってゲンゴロウフナを改良して養殖した魚なんでw
なんで自分はこんなに言うのかと言うと以前名古屋に住んでいたのでその時この池で楽しませて頂いたので。
そんな池をこんなつまらない理由で水を抜くなんておかしいですよ(笑)
最後に自分達のわがままを押し付けるな
周りの人(バス釣りの人や鯉師の人にも)の意見を聞いてから計画し実行してください。
これ以上わがまま通してたらいつかは罰が当たりますよ。
Comment by バサー @ 2012/11/30 5:55 PM
ホントに納得いきません。
人のエゴで生物を殺してそれを正当化するんですか?
猫ヶ洞は街中に近く、お金のない学生時代にはとてもいい釣り場でした。それに若者が目をむける所謂スポーツフィッシュを駆除していくことが最近の若者の引きこもり化に拍車をかけたといった意見もあります。
何故ヘラブナ以外を駆除するのでしょうか?
そちらの御偉い様の趣味がヘラブナ釣りなんですか?
もう一度考え直す事は不可能なのでしょうか?
少なくとも公園を利用している方にアンケートなり民意を問うべきだと思います。
こんなエゴは断じて許される行為ではないと思います。
Comment by 通 @ 2012/11/30 12:37 PM
水を抜いたら在来・外来関係なくあらゆる動物・植物・昆虫・生物全般に深刻な悪影響が出るのは必至でしょう。

あんた方は何を思い上がってるんですか? 鳥さえよければ満足ですか?

渡り鳥は外国から飛んできても外来種扱いされなくていいですね。過去に鳥インフルエンザとか運んできたけど。

要は、自分たちのお気に入りの動物だけを可愛がり、独善的な主義主張と政治利権を振りかざし、公共の環境を自分たちのお好みの庭に改造しようというわけだ。
Comment by 反愛護利権 @ 2012/11/30 3:04 AM
「ヘラブナは除外してコイは除去は不公平」というのは全く同感です。また、在来の生物の生息に影響の大きいバスの除去に関しては以前から提案していたものの「池の規模が大き過ぎて費用が…」といったものが、「ちょうど斜樋の工事があるので」って実施の運びになった経緯があり、せっかくの機会なのになんとも中途半端に終わってしまうわけで、それならいっそ、アシの再生等池の環境を改善する方に予算回してくれりゃって考えもあるわけですが。
Comment by 世話人 @ 2012/11/22 10:54 PM
ヘラブナを駆除の対象から外したということなんですよね。
こんな大掛かりなことして、外来種を大量に殺すのに、ヘラブナをだけ生かすのですか?
なんでやるからには徹底してやらないんです?バスもギルも鯉もヘラも(外来種)なはず。なんでヘラブナだけ生かすんです?

やるなら ヘラブナも何もかにも殺したらえいじゃないですか
外来種ん中でも、こっちは殺す こっちは愛好家がウルサいき生かす。なんてエゴな。
基本的に人間はエゴの塊。それは仕方ないけど、なんでこんなおおっぴらに、利権が絡んだようなオカシイことを平然とするんです?
外来種の駆除をするならちゃんとするべき。また 池の生態系を調べ、自分たちの都合で作り替えるのなら、また違う名目でせな、不公平やし、バスや鯉釣りの人間からすると腹立たしい限りです。

ちゃんとした思惑があって外来種の駆除をするなら、ヘラブナを除外せず、徹底的にやるべき。
Comment by 鯉心 @ 2012/11/22 2:15 PM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ